子どもがよろこぶこと間違いなし!大高緑地に遊びに行こう!

大高緑地でたっぷり遊ぼう!

子どもが歩くようになり、最近の週末はもっぱら公園を攻めています。私が仕事のときも、妻が近くの公園に子どもを連れていくのですが、小さい公園なのでさすがに飽きてきたようです。

というわけで、少しだけ遠いのですが、大高緑地に行ってきたので少しご紹介します。

大高緑地の場所は名古屋市緑区!

大高緑地の場所ですが、名古屋市の緑区にあります。わたしは名東区に住んでいますので、近いのかなと思いましたが、意外と遠かったです。

名古屋市とはいっても、ほぼ大府市や豊明市に近く、言い方は悪いですが名古屋市の外れのような場所にあります。

車で35分ほど走ってようやく到着。

駐車場の数がやたらと多い…行きたい場所は調べてから行きましょう!

目的地は「恐竜広場」という遊具がたくさんあると噂の場所です。ディノアドベンチャーというおもしろそうな場所もあり興味があったのですが、コース全長が900mと長いらしく、まだ子どもが歩けそうにないので、今回はパス。

さて、大高緑地の敷地内に入ったはいいのですが、この場所…やたらと駐車場があります。その数なんと11ヶ所!

駐車場が多い

出典:大高緑地公式ホームページ

なにも知らずに行ったら絶対迷ってしまいますね…(*´~`*)。今回は先ほどのとおり恐竜広場に行こうとしたのですが、じつはこの場所…

中からは行けません!

どういうことかというと、中に入って途中までは行けるのですが、ある地点まで行くと通行止めで行けなくなっているのです。なので、面倒ですが道を迂回して目的地まで行かないといけません。

恐竜広場は迂回しないと行けないので注意!

出典:大高緑地公式ホームページ

なんでこんな仕様にしているかは不明ですが…。

やっと恐竜広場に到着!遊ぶところいっぱい!

さて、やっと目的地に到着しました。駐車場からすぐのところに遊具は設置されています。この遊具の種類がとにかく多い!

独特なうんてい
独特で長さのある「うんてい」
お決まりのシーソー
お決まりの「シーソー」
ブランコ
ブランコや…
遊具
遊び方の分からないものまで…笑
幼児から小学生まで遊べます
幼児から小学生まで遊べます
小さい子でも遊べますが、親は目を離しちゃだめですよ
高さがあるものも一部あるので、親は目を離さないように

と、いろいろな遊具があるなかで、この公園の名前ともなっている「恐竜」がお目見えです!

ジャジャーん!

恐竜の滑り台
迫力満点!恐竜の「すべりだい」です!

かなり異質…というか迫力がすごすぎますね。笑
この恐竜はすべりだいになっていて、前の方から登ると、後ろは…

恐竜のすべりだいの後ろ側
なかなかスピードの出るすべりだいです♪

こんな感じで滑ってこれます♪

このすべりだい、よくあるプラスチック製のものではなく、石のような素材でできています。なので滑り心地は抜群!

子どもを抱いて滑ったのですが、かなりのスピード感で大人もちょっとおもしろいです笑
ただ、高さがけっこうあるので、幼稚園児以下を1人ですべらせるのは少しこわいかもしれません。親御さんは気をつけてくださいね♪

満足度は◎!ただし、駐車場はせまいかも…

さて、そんなこんなで楽しんだ大高緑地。遊具がたくさんあり、トイレや食事場所、自販機なども設置してあり、至れり尽くせりの場所であると思います。

ただし、気にしたいのは「駐車場のせまさ」です。

恐竜広場の最寄りの駐車場は「第6駐車場」なのですが、公園の広さと比べてそこまで大きくありません。行楽シーズンはとくに早めにでかけるなどして、駐車場に停めれるようにしてくださいね♪

今回訪れた時期は2月ということで、比較的空いていて、楽しく遊ぶことができました♪また、機会があれば行ってみたいと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です