その他の記事一覧はこちら

【養命酒で体のダルさ対策】購入して1か月飲み続けてみた!

養命酒を1か月間飲み続けてみた結果 その効能をレビュー

どうもたかつきです!

私も30代半ばとなり、体の疲れなどがなかなか抜けないようになってきました。

そもそもこういった体の疲れなどを取るには、食生活運動が大事なことは周知のことだと思います。私は食生活に関しては、子供が生まれてからというもの、ジャンクな生活とは程遠い生活を送っています。

一方の運動ですが、これがまずい。

普段から運動も特にしないし、これからもそんなにする予定はないのでどうしたものかと。手軽にできないかなぁと思ってはじめてみたのが今回の「養命酒」です。

まずは養命酒の説明と、1か月飲み続けてみた効果をレビューしたいと思います。

養命酒とは

養命酒とは
養命酒は第2類医薬品

出典:養命酒製造株式会社 ホームページ

養命酒とは、養命酒製造株式会社がつくる薬用酒です。医薬部外品ではなく、第2類医薬品に指定されている医薬品です。

一般的なエナジードリンクは「清涼飲料水」ですし、栄養ドリンクなどは「医薬部外品」なので、こういったところからも種別が違うことが分かります。

さて、効能ですが、養命酒のホームページは下のような効能があると書いてあります。

  1. 肉体疲労
  2. 冷え症
  3. 胃腸虚弱
  4. 病中病後
  5. 食欲不振
  6. 虚弱体質
  7. 血色不良

こういった中でも、私は「(1)肉体疲労の改善」に期待して今回飲み始めたという経緯があります。

特徴(1)養命酒には14種類の生薬が含まれている

さきほどの効能をもたらす成分のお話ですが、正直わたしは専門家でもないですし、ことこまかな説明は公式ホームページにお任せします。

というわけで、何が入っているかだけをさらっとご紹介。

  1. 烏樟
  2. 益母草
  3. 紅花
  4. 鬱金
  5. 桂皮
  6. 丁子
  7. 地黄
  8. 淫羊藿
  9. 肉蓯蓉
  10. 杜仲
  11. 芍薬
  12. 人参
  13. 防風
  14. 反鼻

以上、全14種の生薬が養命酒に溶け込んでいます。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

まぁ素人は素人らしく、文面だけを切り取って、これが色々作用してくれるんでしょうと考えて買っていますw

特徴(2)アルコール度数14%

養命酒は名前の通りお酒なので、当然のごとくアルコールが含まれています。その度数はなんと14%

ビールが約5%、いま流行りのストロングゼロだって10%そこそこなので、意外と強めということが分かるでしょう。

といっても、飲む量は1度に20mlなので大したことはありません。…が、強いアルコールが苦手な人は飲むのに抵抗があるかもしれませんね。

日本酒がだいたい15度くらいなので、そういったイメージと考えておけば間違いないでしょう。

養命酒を買ってみた!

さて、養命酒の説明はこれくらいにして、実際に養命酒を買ってみました。

養命酒は第2類医薬品なので、問題なくネット上で買うことができます。しかし、お酒なので買う前にはこういった注意文が出てくる場合があります。

養命酒を買うときには注意文が出てくる
養命酒を買うときには注意文が出てくる

おそらく20歳以下の人が買うことはないと思いますが、出てきますよということだけはお伝えしておきます。

今回、私は楽天で1,000mlの養命酒を買いました!値段は2,178円

色々見てみましたが、ネットで買う場合はその程度の価格帯のようです。後日、ドラッグストアでも見てみましたが、税込2,100円ほどだったので、送料があるかないか程度の違いのようですね。

養命酒が届いた!

養命酒が届いた!
注文から3日ほどで養命酒が届いた!

さてさて、届いた養命酒はこのような大きさ(ってわかりますかねw)!瓶ビールくらいなイメージです!

開けると…

飲む用のカップが付いています
飲む用のカップが付いています

出してみると…こんな感じ。

出してみるとこんな感じです
出してみるとこんな感じです

で、実際に飲む量は写真の通りで、これくらいの量になります。これを食前・就寝前のどこかで1日3回飲む!これだけです^^

さっそく飲む!

さて、さっそく飲んでみると…甘い!めちゃ甘い!そしてアルコールは評判通り高い感じ!でも甘いから余裕で飲めるw

飲むと若干ですけど、胸のあたりが「うー、酒飲んだー!」って感じになります。でも、私もそこまでお酒は飲めませんが、少しなんで大したことはありません。

匂いは、やっぱり漢方系の匂いはしっかりあります。私は葛根湯とか意外と好きな方なのでむしろ好みですが、この辺りも苦手な人はいるのかなぁと想像したりします。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

なんだろう、全然ちがうかもですが、「ニッキ」的な感じかもしれません。

甘い+漢方ということで、私はむしろ好みの味!これなら楽勝で続けていきそうです。さっそく翌日から1日3回を続けて飲みました。

1か月飲み続けた結果!

さて、4月上旬に購入し、1か月が経ちました!(執筆時2020年5月中旬、2本目突入中)

漢方なので、もっと長く飲み続けたところでのレビューがいいんでしょうが、とりあえず現在の状態をレビューしておきますね。

気だるさが少なくなった!

私は朝早く起きて、自分の趣味をおこなうのですが、そのときにどうしても疲れすぎていてやる気がでない…というときがありました。

しかし、養命酒を飲み始めてからは、そういったことが少なくなった気がしています。

注意点としては「なくなった」ではなく、「少なくなった」ということです。たまにはやはりやる気が出ないときもあるんですが、それでも朝スッと起きて行動できるようになったと思っています。

また、日中のダルさも以前よりなくなったんじゃないかなと思います。「だる~」となると、集中力って削がれるじゃないですか?そういうのも無くなったので以前よりも集中できるというか…。

まぁプラシーボならプラシーボでいいのですが、自分でそう思うので、いいことですよね♪

もう手放せないかもしれない…

話は脱線しますが、実はこの1か月の間にオンライン飲み会があり、情けないことに酔いつぶれてしまいました。

翌日からアルコールを受け付けず、3日ほど養命酒を飲まなくなったんですよね。そうなるとやはりだるい…!

それでまた、飲み始めるとやはり次の日が好調なんですよね。好調っていっても「やったるぜーうぉおおぉお!」とかじゃないですよ♪

何も気にしなくていいというか、普通を保てるというか。こういったじんわり系の効能が養命酒のいいところなのかもしれませんね。

最後に、これを他の人に薦めるかどうかというところですが、正直ケースバイケースといったところ。

1本2,000円と「若干躊躇するお値段」であることと、「養命酒自体の味」、「効能が素早く効くものではない」ということをクリアできる人にはおすすめできます^^

じんわり効いていくということもあり、私もその効果を実感しつつある段階なので、今後も飲み続けていこうと考えています。

最初にお伝えした通り、食生活や運動などの改善が第一ですが(どの口が言うのか)、それ以外の部分で補助的に体調を整えていきたい人は一度試してみてもいいのではないでしょうか^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です