その他の記事一覧はこちら

ヨドバシカメラが「ヨドペイ」を商標登録!スマホ決済サービスに新規参入か!?

ヨドバシカメラがヨドペイを検討中

スマホ決済サービスが乱立する中、ヨドバシカメラが「ヨドペイ」というスマホ決済サービスを検討しているようです。

現時点でわかっていることをまとめてみます。

ヨドペイとは

現時点では正式な発表ではなく、商標登録をしたという段階

今回のニュースの発端ですが、ヨドバシカメラがスマホ決済に使われそうな名前を、特許庁に商標登録したのがきっかけです。

「ヨドペイ」のほかにも、「ヨドバシペイメント」、「YodoPay」、「Yodobashi Payment」などの名前で商標登録を進めています。

商標には45種類の区分があるのですが、ヨドペイの区分は、

  • 35(商品の販売に関する情報の提供ほか)
  • 36(支払代金の電子決済ほか)

となっています。名前からもわかりますが、明らかにスマホ決済サービス関連を意識している商標登録の内容ですね。

これが「ヨドバシカメラが新しいスマホ決済を始める!」と認識されてニュースが流れたわけですね。しかし、流通ニュースの取材に対して広報担当者が回答し、「現時点では開発は進めていない」とのこと。

ただし、検討中とはしているので、おそらくこのスマホ決済の波がおさまらない限りは、ヨドバシカメラも手を出してくるのではないかなと私はみています。

ヨドバシカメラの現状の決済方法は?

ヨドバシカメラの現状の決済方法は以下のとおりになっています。

  • 各種クレジットカード(VISA、Master Card、JCBなど)
  • 電子マネー(楽天Edy、au WALLETなど)
  • 交通系電子マネー(Suica、PASMOなど)
  • デビッドカード(J-デビット)
  • 商品券(JCB、UC、UFJニコス、VISAなど)

意外にもPaypayなどのQRコード決済には対応していないので、今回のヨドペイが実現すれば、支払い方法の幅がグンと広がりますね♪

コレ以上の詳しい情報はいまのところ発表されていなそうなので、続報を待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です