ボラティリティーとは?その意味や使用例

noimage

投資家の間で話題にでる「ボラティリティー」について、軽く調べてみました。

ボラティリティとは価格変動の度合いのこと

そもそも「Volatility」という言葉には、「落ち着きのない」「移り気」という意味があります。これを相場の価格変動に当てはめて使います。

例えば「ボラティリティーが大きい」といった場合には「価格の変動が大きい」と同意になります。

逆も同様で「ボラティリティーが小さい」 → 「価格の変動が小さい」という意味になります。

ボラティリティーが大きい=リスクが高い

価格の変動が大きいということはリスクが高いということです。つまりボラティリティーが大きい=ハイリスク・ハイリターンということ。逆もまた然りです。

現代ポートフォリオ理論などでは、このボラティリティーを標準偏差で数値化し、それをその商品のリスクの度合いとして捉えるのが一般的です。つまり、ボラティリティーが大きい商品はリスクが高く、ボラティリティーが小さい商品はリスクが低いと判断されるのが通常です。
SMBC日興証券

たとえば自分が投資する前の調査で「ボラティリティーが大きい」という情報を得たら、ハイリスク覚悟で投資をするか、もう少しボラティリティーの小さい商品がないか判断ができます。(大体チャートを見れば分かりますが…)

ボラティリティーという言葉の使用例

「ボラティリティー」という言葉を投資家がどのように使っているかを調べました。多くの人はボラティリティーを「ボラ」と略して使っているようですね。

  • ボラの落ち着きを待つ
  • ボラが縮小し、相場が足踏み相場
  • ボラが大きい相場は買いではない
  • ボラが大きい相場は上級者向け
  • ボラが激しい
  • ボラが収まるまで様子見
  • 株よりも仮想通貨の方がボラが大きい

相場が急落、もしくは急騰などした場合はボラティリティーが大きくなり、上記のような言葉が飛び交うので注目するといいかもしれませんね^^