その他の記事一覧はこちら

楽天ポイント運用とは?どれだけ儲かるか試してみた

楽天ポイント運用は儲かる?実際にやってみた

楽天のサービスの中でポイント運用というものがあります。これは、どういうものかというと楽天の公式ホームページから引用すると…

楽天スーパーポイントを使ってお手軽に運用が疑似体験できる新しいサービスです。お手持ちのポイントを使って、ポイントの変動を楽しめます。

出典:【楽天PointClub】:ポイント運用

ということで、証券会社の口座を持たなくても、ポイントを持ってさえいれば運用ができるというサービスです。登録や利用料は無料です。

証券口座というと、やはり「むずかしそう」、「めんどくさそう」と感じることがまだまだ一般的だと思いますので、そういった人には気軽にチャレンジできるいいサービスなのではないでしょうか。

今回、私も少額ですが試しにやってみましたので、やり方だけまとめておきます。

楽天ポイント運用のやり方

さて、実際に私も設定してみました。

まずは、スタートページから「さっそく体験する」ボタンを押しましょう。またキャンペーンをやっているのであれば、先にエントリーをしておくと安心です。

ポイント運用の前にエントリーをしておこう
エントリーを先に済ませておけば、キャンペーンポイントがもらえる!

次に利用規約の確認です。ひと通り目を通して問題なければ「同意する」ボタンを押しましょう。

利用規約に問題なければ同意するボタンを押す
利用規約に問題なければ同意するボタンを押す

さて、次の画面で1つ選択をしなければいけません。それは「運用するコース」です。選べるコースは2つ。

1つは、波は大きいけど調子がよければ多くのポイントが返ってくる「アクティブコース」。もう1つは並は小さく、マイルドな運用ができる「バランスコース」です。

運用スタイルを選ぶ
運用スタイルを選びましょう。
「アクティブ」か「バランス」のどちらか1つを選べます。

「要チェック」の部分を見るとわかりますが、アクティブコースの方が波が荒いですよね?

これってつまり、「勝つときは大きく勝つ」が「負けるときは大きく負ける」とも言い換えることができます。「自分のイメージにあった方はどちらなのか」を考えてからコースを選ぶようにしましょう。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

お試しでやるのであれば「アクティブコース」の方が面白いかなと思います。私も今回アクティブコースを選んでみました。

次に運用するポイント数を設定します。ポイントは100ポイント単位で設定できるので、ほぼ誰でも運用をスタートすることができます。

設定をし終えたら「確認する」ボタンを押しましょう。

運用する楽天ポイントを設定
運用する楽天ポイントを設定する。

最後に設定内容を確認して問題なければ「確定する」ボタンを押してください。

設定に問題なければ確定ボタンを押す
設定に問題なければ確定ボタンを押す。

あとは運用結果を待つだけです。これで全ての設定が完了しました。

楽天ポイント運用のしくみ

楽天ポイント運用は、利用者は「アクティブ」か「バランス」かを決めるだけですが、裏では楽天投資顧問(株)が運用する投資信託と連動しています。

たとえばアクティブコースなら「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」であり、バランスコースであれば「楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)」という投資信託になります。

投資信託には「基準価額」という投資信託の値段が決められているのですが、上記の投資信託も同様で、その基準価額の増減によってポイントの増減も決まってきます。

楽天ポイント運用で覚えておきたいこと

サービス利用料は無料!税金も引かれない

楽天ポイント運用は、冒頭でおお伝えしましたが、登録料・サービス利用料などは無料となっています。

またその名の通り、現金ではなくポイントで運用するので税金などもかかりません。100ポイント以上あれば誰でも始められる投資の疑似体験サービスとなります。

楽天のサービスには「ポイント運用」ではなく「ポイント投資」というものもあります。こちらは実際に現金を使って運用するので税金などが発生します。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

名前が似ていますが「まったくの別物」ですので間違わないようにご注意ください。

期間限定ポイントは使えない

楽天ポイント運用で使えるポイントは通常ポイントのみです。期間限定ポイントは使えないのでご注意ください。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

私も保有ポイントのうち6〜7割程は期間限定ポイントだったので、ポイント運用に使えるポイントすくなっ!と思いました^^;

「資産を増やしたい!」と思う人には向いてない

さて、ここまで説明しておいてなんですが、このポイント運用、資産を増やしたいと思っている人には向いていないと思います。

というのもこのポイント運用、先ほどもお伝えしましたが通常ポイントでしか運用できません。通常ポイントって貯まっても月に数千円ほどではないでしょうか。少ない人だと数百円の人もいるでしょう。

少額でポイントをちくちく投資してもリターンは限られていますし、そもそもその少額でリスクをとる必要があるのか、というところに行き着きます。

楽天市場を利用すれば多いときであれば、10倍以上のポイントが付くこともあります(実質10%のリターン)。少額投資であれば、安定的にリスク無くポイントがもらえる方が理にかなっていると思うのです。

投資を本格的に始めるなら、ポイント運用ではなくポイント投資で!

投資をするのであれば、現金も織り交ぜて、ある程度の金額を運用しなければ満足するリターンは得られません。

そういった意味でいうと、通常ポイントが上限というのはいささか厳しそうです。ポイント+現金で運用したいのであれば、楽天のポイント投資一択となるのでそちらを検討してみましょう。

まとめ

楽天のポイント運用は、「投資ってどんなものか」と触れる程度には素晴らしいサービスだと思います。よくこんなサービス実現できるなと感動するほどです。

ただし、これで儲けるとなると少しむずかしいものがあるので、儲けたいと思われる人は、ぜひ証券口座を開いて実際の投資をしてみるとよいと思います(もちろん儲かることもありますしリスクもあります)

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

今回の楽天ポイント運用では、一応500ポイントだけは設定しておいたので、しばらく放ったらかしにして運用益がどのようになるウォッチしてみたいと思います。

ポイント「投資」スタートはここから

楽天証券で無料口座開設

開設料や年会費などは一切発生しません。
いまなら楽天銀行との連携で1,000円もらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です