その他の記事一覧はこちら

楽天ポイントで投資!楽天証券で投資信託をお得に買おう

楽天ポイントで投資をはじめよう!

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

どうも、たかつきです。今回は楽天ポイントで投資をしてみよう!というお話です。
うちは何気に楽天ポイント貯まってるからちょうどいいよね♪

ゆりえ イラスト画像ゆり

みなさんの中で、「使っていない楽天ポイント」が眠っている人はいませんか?いずれ使うかも…と言って残しておくのはもったいないかもしれません。

実は楽天ポイントは、普段の買い物に使えるだけでなく、投資にも使えることをご存知でしょうか。使い道のないポイントであれば、投資にまわして着実に資産を増やしていくのも面白いですよ。

今回は「楽天ポイントを投資に使う方法」についてまとめたいと思います。

投資をするなら楽天証券の口座開設は必須

投資を始めるなら、楽天証券の口座開設は必須
ポイント投資をするなら、証券口座をつくることからスタート!

はじめに、「投資をするといっても何から始めたらいいのかわからない」といった人に向けて、フローチャートを作ってみました。

STEP.1
証券口座をつくる
まずは楽天証券の証券口座をつくりましょう!証券口座がないと投資が始められません。証券口座をつくるというとむずかしいイメージがあるかもしれませんが、実際はWeb上で入力+本人確認書類の証明のみで済んでしまいます。
STEP.2
入金する
次に入金をします。ポイントとあわせた総額で投資ができるようになります。入金額はどれくらいの資金があるかによって変わってきます。初心者で個別株に投資したい人であれば、ポイントとあわせて10万円もあればいいでしょう。
STEP.3
投資商品を選ぶ
投資商品は「株」や「投資信託」などがありますが、この辺りを深堀りすると取り留めがないので割愛します。私が楽天証券で実践しているのは「投資信託の積立」になります。自分にあった投資商品を選びましょう。
STEP.4
投資する
自分で決めた投資商品を買います。初心者の人ほど長期での投資をオススメします。

このような流れとなります。

入金に関しては、私のように積立投資のみでいいのであれば数千円〜数万円からでいいでしょう。

意外とシンプルな流れよね。ところで実際あなたどれくらいで運用してるの?

ゆりえ イラスト画像ゆり

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

(うっ…あんま言ってないんだよな…w)
んとね、僕は月に2,000円だね。超少額だからぜんぜん無理なくやってるよー。

楽天ポイントで投資できる商品の種類は2つ!

さて、投資と一言でいっても「不動産」や「仮想通貨」などいろいろありますが、楽天証券のポイント投資ができるのは「投資信託」と「」の2つになります。

このうち、私はまず投資信託から始めています。

投資信託とは、「投資家から集めたお金で、運用のスペシャリストたちが投資・運用をおこなう商品」のことです。

購入金額や購入時の手数料を除けば、毎月少しのコスト(信託報酬)を支払うだけで、あとは運用のプロが自分に代わって投資をしてくれます。

投資信託商品は、ほとんどの証券会社で買うことができ、もちろん楽天グループの楽天証券でも買うことができます。

2019年10月28日からは株投資もポイントでできるようになります

楽天証券では、2019年10月28日から、ポイントを使って株を買うことでもできるようになります
ポイントで個別銘柄への投資もできるようになります。

さきほど、株もポイント投資の対象だとお伝えしましたが、正確にいうと、記事執筆時点の2019年10月15日時点ではまだできません。

2019年10月28日から個別株式銘柄もポイントで買えるようになります。また、ETF(上場投資信託)であれば、1万円以下の商品も多いので、購入金額のすべてをポイントでまかなうこともできるでしょう。

また、数万円から数十万円かかる個別銘柄も、全額をポイントでまかなうことはむずかしいと思いますが、ポイントを使うことでお得に株を買うことができます。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

投資に慣れてきたらこういった買い方もよさそうです♪

楽天ポイント+クレジットカード支払いでお得に投資をしよう!

楽天カードで投信積立の引き落としをすると楽天ポイントがもらえます
投信積立の引き落としで「楽天カード決済」をするとポイントがつきます♪

投信の積立に「ポイントを使える」のが、楽天証券で積立をする一つの理由でした。

他の証券会社でもポイント投資はできますが、ここまで有名で汎用性のあるポイントは楽天証券で使える楽天ポイント、SBI証券(SBIネオモバイル証券)で使えるTポイントくらいでしょう。

そのほかにも、実はもう一つ楽天証券で積立をする大きな理由というかメリットがあります。それは楽天カードのクレジットカード決済で楽天ポイントがつくという点で、100円に対し1ポイントが貯まります。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

お金を貯めるために投資信託を買っているのに、買った時にまでポイントがつくなんて魅力的ですね♪

もちろん月ごとで換算したら大したことありませんが、「チリツモ」ってやつですよね。積立なんて、数年〜数十年単位で買っていくものなので、累計で考えるとかなりお得になります。

楽天経済圏で生活をしている私にとっては、願ったりかなったりの条件が揃っているのです。

私が投信の積立に選んだ商品と、積立方法

投信の積立に選んだ商品ですが、わたしは「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」という商品を選びました。

投資信託には大きく分けて「インデックス型」、「アクティブ型」、「バランス型」の3つがあり、この商品はバランス型の商品になります。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

投資信託の商品については別記事で紹介していますので、そちらも参考にしてくださいね。

この商品のいいところは手間がかからないところ。

私は、この「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」という商品を、毎月600ポイント + クレジット払い1,400円=合計2,000円相当を積み立てていくことにしました。

正直、積立額としてはかなり少ないですが、「無理のない金額」+「様子見」ということを踏まえると、自分の中ではまぁ妥当かなと思っています。資金に余裕ができたり、運用状況がいいようであれば、積立額も増やすこととします。

ちなみに私の場合、楽天ポイント600円は還元されたもので0円と考えています。残りの1,400円は楽天カードでのクレジットカード払いなのでポイントがさらにつき、毎月14ポイントが還元されることになります。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

つまり2,000円の積立が実質1,386円でできてしまうことになります。う〜ん…お得な感じしかしません!

1年で考えるポイント投資のお得度

ポイント投資でどれくらいお得なののか

さて、ここまでポイント投資についてお話してきましたが、1年で実際どれくらいお得なのかを考えてみます。

まず、積立総額は月に2,000円なので、2,000円×12か月=年間24,000円を積み立てることになります。そのうち楽天ポイントは月に600ポイント利用しますので、600ポイント×12か月で7,200円相当が浮くことになります。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

私は毎月600ポイント以上もらえるような環境にいるので、この7,200円相当は実質無料のようなものです。

さらにクレジットカード払いで1%分のポイントが還元されます。クレジット支払額は月に1,400円なので、1,400円×12か月=年間16,800円となり、その1%である168ポイントが還元ポイントになります。

ということは、年間積立額24,000円のうち、7,200ポイント+168ポイント=7,368円相当がポイントでまかなえるということです。

筆者たかつきのイラスト画像たかつき

つまり、実際に支払ったお金は16,632円なのに24,000円分の投資信託が買えてしまうわけです。
まとめ

楽天証券でのポイント投資がどんなものかお分かりいただけたかと思います。もし、持て余しているポイントがあるなら、投資にまわすことを考えてみましょう♪

バランスファンドの中では、業界最安水準の信託報酬であるeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を選び、ポイントでお得に資産運用…さて、運用結果はどうなっていくか、ブログ上で随時掲載していきますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です