その他の記事一覧はこちら

Google Payの使い方!非接触型決済をまとめて便利に支払おう!

GooglePayとは?使い方のまとめ

Google Payとは

Google PayとはGoogleが提供する支払いサービスです。

具体的な機能を説明すると、電子マネーや、クレジットカードなど、お金の支払いに関するものを1つにまとめることができます。

Google Payを使うだけで、いままで邪魔だけど持っていないといけなかった「電子マネーのカード」や「クレジットカード」などが不要になります。

レジの会計で「小銭がない…!」なんて慌てなくてもOK。スマホがあるだけでキャッシュレスで支払いができるなんて便利ですよね。

Google Payを使うときのイメージ

Google Payを使うときのイメージは下の画像のような感じです。

Google Payの支払いイメージ

こんな感じです。つまりは「おサイフケータイ」や「Suica」などと同じような使い方です。ちなみにサービスを1つにまとめる機能のイメージは下の画像のような形です。

GooglePayを使って、サービスをまとめるイメージ

出典:Google Pay 公式ホームページ

Google Payは「おサイフケータイ」じゃないとほぼメリットなし!

Google Payは、最近話題となっているQRコード決済ではなく、非接触型決済であるところがポイントです。

先ほど、「おサイフケータイ」というワードが出たことからも分かるとおり、Google Payを店頭で使いたい場合は「Android+おサイフケータイ」でなければいけません。

iPhoneユーザーや、おサイフケータイでないAndroid端末を使っている人はGoogle Payを店頭で使うことはできないということを覚えておきましょう(インターネット支払いを除く)

さて、ここからはGoogle Payを使ってまとめられるものを紹介します。

【まとめられるもの①】電子マネー

まずは、電子マネーです。有名どころを抑えていますね。Google Payを使えば、これらの情報を一元管理できるというメリットがあります。

  • nanaco
  • 楽天Edy
  • WAON
ポイント
モバイルWAONや、nanacoモバイルを既に使っている人は、Google Payに「既存のモバイルアプリアカウントを追加する」形となります。
注意①
すでに持っているnanacoカードやWAONカードの情報は追加できず、Google Payでは新規発行のみとなっているのでご注意ください。
注意②
スマホの機種変更をする場合、スマートに移行ができないことは覚えておきましょう。

注意②について、たとえばApplePayでのSuicaの移行で例を出しましょう。

SuicaをiPhoneを機種変更をして移行させたい場合、一度サーバにデータを退避させて、新iPhoneで新規追加をするだけで移行は完了します。

一方のGooglePayはそうではありません。Googleアカウントに紐づくといったことはなく、モバイルSuica上で引き継ぎ作業などをおこなわなければいけません。

その他の電子マネーについても、それぞれのサービス上で移行作業をしなければいけないので、現状では煩雑な作業といえるでしょう。

(1-1)nanacoの使い方や機能について

GooglePayでnanacoを使うための流れは下記のとおりです。

  1. Google Payアプリを起動
  2. 「電子マネーを追加」を選ぶ
  3. 「nanaco」を選んで、各種情報を入力
  4. コンビニやATMでの現金支払いでチャージ
  5. 利用開始
参考 グーグルペイにnanacoを登録 雪ん子’s report

nanacoのチャージは「セブンイレブンのお店のレジ」や、「セブン銀行のATM」などで現金を支払うことでできます。

お店のレジでチャージする場合は、店員に『チャージしてください』と伝え、希望のチャージ額を現金で支払い、端末をICリーダーに乗せてチャージしましょう。

セブンイレブンのレジでチャージするイメージ

出典:nanaco公式ホームページ

セブン銀行のATMでチャージをする場合は、ATMの画面に従って現金を支払いましょう。

セブン銀行のATMでチャージするイメージ

出典:nanaco公式ホームページ

GooglePayでのnanacoへのチャージ限度額は5万円となっていて、カードのnanacoと変わりません。また、チャージの単位は1,000円単位となっています。

そのほか、Google Payでnanacoを使う場合、大幅な機能制限があります。

Google Payでnanacoを使う場合の機能制限表

出典:nanaco公式ホームページ

Google Payのアプリ上では、クレジットカードからのチャージはできません。その代わりに「nanacoモバイルアプリ」を利用すれば、クレジットカードでもチャージすることができます。

参考 nanacoモバイル電子マネー nanaco 【公式サイト】

クレジットカードで毎回チャージしている人にとっては、Google Pay上でできればいいのですが、上記のとおりの手順を踏まなければいけないので、めんどくさい仕様になっています。

Google payでのnanaco 詳細説明ページ

(1-2)楽天Edyの使い方や機能について

GooglePayで楽天Edyを使うための流れは下記のとおりです。

  1. Google Payアプリを起動
  2. 「電子マネーを追加」を選ぶ
  3. 「楽天Edy」を選んで、各種情報を入力
  4. クレジットカードや銀行口座からチャージ
  5. 利用開始

楽天Edyのチャージは、nanacoとは違いクレジットカードや銀行口座などでできます。また、「Google Payアプリ上」、「楽天Edyのアプリ上」のどちらからでもチャージすることができます。

Google Payアプリ上でチャージする場合は、「楽天Edy」の項目を選び、「チャージ」をタップ、金額を選びクレジットカード情報を入れれば完了します。

楽天Edyでクレジットカードを使ってチャージするイメージ

出典:楽天Edy公式ホームページ

楽天Edyのチャージ完了イメージ

出典:楽天Edy公式ホームページ

楽天Edyへのチャージで登録できるクレジットカードブランドは「VISA」、「Mastercard」、「JCB」、「アメリカン・エキスプレス」となります。

楽天Edyの特徴は、支払いで楽天ポイントがつくところです。200円ごとに1ポイントがつくので、日頃から楽天Edyで支払いしていれば、結構ポイントが貯まっていきます。

さらに、先ほどのクレジットカードでのチャージで、楽天カードを利用すれば、こちらも200円で1ポイントがつきます。つまり1,000円チャージして、1,000円使い切れば10ポイントが貯まるということです。

楽天市場を普段から使っていたり、楽天カードをメインとしている人は使わないと損ですね^^

Google payでの楽天Edy 詳細説明ページ

(1-3)WAONの使い方や機能について

GooglePayでWAONを使うための流れは下記のとおりです。

  1. Google Payアプリを起動
  2. 「電子マネーを追加」を選ぶ
  3. 「WAON」を選んで、各種情報を入力
  4. クレジットカードやレジ(現金)でチャージ
  5. 利用開始
参考 【Google Pay】「WAON」を追加する方法 PCエトセトラ

WAONへのチャージは、クレジットカードで支払うことによってできます。ただしAEON クレジットカードのみの対応となっている点は注意です。

WAONのクレジットカードを使ってのチャージイメージ

出典:WAON 公式ホームページ

その他にも、イオン系列のお店のレジで現金を支払うことによってもチャージができます。詳しくは下記のリンクを参考にしてください。

レジで現金を支払い、WAONへチャージする

出典:WAON 公式ホームページ
参考 使えるお店を探すWAON 公式ホームページ

Google Pay上で使うWAONですが、nanacoと同じくいくつか機能の制限があります。ユーザー情報の変更やパスワード変更などはできないのでご注意ください。

Google Pay上で使うWAONの機能制限一覧表

出典:WAON 公式ホームページ

Google payでのWAON 詳細説明ページ

【まとめられるもの②】クレジットカード

クレジットカード(QUICPayを利用)の使い方や機能について

Google Payではクレジットカードも支払いに使うことができます。正確にはGoogle Pay上で「QUICPay → クレジットカード情報を登録」することで支払いができるようになります。

QUICPay対応のクレジットカードの発行会社は、下記の会社となります。

  • JCB
  • LINE Pay
  • JACCS
  • Kyash

GooglePayでQUICPayを使うための流れは下記のとおりで、「支払いに使うクレジットカードの情報を登録するだけ」ですぐに使うことができます。

  1. Google Payアプリを起動
  2. お支払い方法の「クレジット/デビット/プリペイド」を選ぶ
  3. QUICPayで使うクレジットカード情報を登録
  4. クレジットカードの詳細ページで「QUICPayのメインカード」をONにする
  5. 利用開始
参考 Google PayがQUICPay(クイックペイ)に対応!設定方法から使い方まで徹底解説 陸マイラーとーみねのほったらかし投資録

ただし、既にQUICPayモバイルを利用している人は、Google Payに登録する際に削除しなければならず、端末に共存させることはできないのでご注意ください。

クレジットカードでの支払いは、あくまで「QUICPayを利用する」ので、店頭で使う場合は『QUICPayで支払います。』と一言伝えなければいけません(後はピッとかざすだけです)。

Google payでのQUICPay 詳細説明ページ

【まとめられるもの③】ポイントカード

ポイントカードは下記の2種類をGoogle Pay上で管理することができます。

  • Tカード
  • dポイントカード

Tカードの使い方や機能について

GooglePayでTカードを使うための流れは下記のとおりです。

  1. Google Payアプリを起動
  2. 「ポイントカードを追加」の「Tカード」を選ぶ
  3. Yahoo! JAPAN IDのTポイント利用手続きをする
  4. モバイルTカード(バーコード)が表示されるようになる
  5. 利用開始
参考 Google Payアプリ上でTカードを直接追加するTカード 公式ホームページ

Google payでのTカード 詳細説明ページ

dカードの使い方や機能について

GooglePayでdカードを使うための流れは下記のとおりです。

  1. Google Payアプリを起動
  2. 「ポイントカードを追加」の「dカード」を選ぶ
  3. モバイルdポイントカードの設定をする
  4. モバイルdカード(バーコード)が表示されるようになる
  5. 利用開始
参考 dポイントカードをGoogl Payに登録する方法!dマーケット利用者は登録しておこうHomeChicに

Google payでのdカード 詳細説明ページ

【まとめられるもの④】IC乗車カード

Suicaの使い方や機能について

Google Payで使えるIC乗車カードはSuicaのみです。Suicaはすでに使っているモバイルSuicaを追加することもできますし、Google Pay上で新規発行もできます。

GooglePayでSuicaを使うための流れは下記のとおりです。

  1. Google Payアプリを起動
  2. 電子マネーの追加画面から「Suica」を選ぶ
  3. 既存のモバイルSuicaの追加 or 新規でSuicaの発行設定をする
  4. クレジットカード or コンビニやチャージ機で現金によるチャージ
  5. 利用開始
参考 Google PayでSuicaを実際に使ってみた──登録からチャージ、決済、機種変更時の引き継ぎまでappllio

モバイルSuicaでは、JR東日本グループのクレジットカードであるビューカード(VIEWカード)で登録をしないと、年会費1,030円(税込)が必要となります。

しかし、Google Payで登録をすれば、ビューカード以外のクレジットカードでも年会費は必要ありません

注意
ビューカードではSuicaチャージでJRE POINTがつきますが、その他のクレジットカードは対象外のクレジットカードが多いので注意しましょう。
  • スマホでSuicaを使いたい
  • クレジットカードでチャージしたい
  • 年会費は支払いたくない
  • ビューカードを持っていない

これらの項目に該当する人はGoogle PayでのSuicaを利用してみるといいのではないでしょうか。ただし「nanaco」、「WAON」などと同じく、一部の機能には制限があります。

Google Pay上で使うSuicaの機能制限一覧表

出典:モバイルSuica 公式ホームページ

モバイルSuicaでとの大きな違い・注意点としては、モバイルSuicaへのクレジットカード登録をしないと、オートチャージの利用や、Suica定期券の購入ができない点です。

こういった点もすべてGoogle Pay上でできれば言うことなしなのですが、現状の機能ではできません。そういった機能を使いたいという人はどちらのアプリも併用していくようにしましょう。

Google payでのSuica 詳細説明ページ

まとめ

さて、駆け足でGoogle Payでまとめられるサービスなどを紹介してきました。いままでバラバラだった支払い手段を、一つのアプリ上で管理できることは個人的には便利だと思います。

しかしながら、専用アプリではできることがGoogle Pay上では制限されたり、機種変更時の移行に難ありと課題はもう少し残っているようです。

そういった問題点は今後少なからず改善していくでしょうし、まとめることの利便性は変わらないと思うので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です